FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちの兄にバレた詳細

昨日は嫁に出た姉が姪っ子を連れて帰ってきていた(私の部屋で寝ていた)ので詳細を打ち込めなかったのですという言い訳←何ぞ

さて、詳細書きましょうか


「うちの兄にバレた詳細」

それは昨日の部活の練習帰りでした
その日は兄とお昼ご飯を食べに行こうと約束をしていたので二人で帰りました
なんとなく会話をしていたら、兄が思い出したかのように私に話しかけました

兄「そういえばさ、いさ」
私「うん?」
兄「『かすいぬますう』?って何?」
私「!?(・ω・;)」
兄「それでさ…いさのやってるブログさ」
私「!!!!!?Σ(・ω・;;)」

知っている人は知っている、知らない人は知らないよな「かすいぬますう」という単語ですが、何かというと私のツイッターのアカウント名「kasuinumasuu」のことです
結構学校の友人と身内ネタで盛り上がったりしていたのでこちらのブログでは紹介しておりませんでした。だけどブログの更新したよーとか呟いていました
もちろん兄にもツイッターやってるよとは教えておりません

それなのに何故そのアカウント名を知っているんだ、兄よ!?
…となりました

会話を辿ると長くなりそうなので、まとめてみたら流れはこんな感じです


ツイッターの話を以前していたことがあった
(その時に私がツイッターに詳しいからやってるのかなと思ってたらしいです)

後日、兄がツイッターをいじる(アカウント取ってるのかは不明ですが)

ツイッターの話をしていた私のことを思い出す

兄「(そういえばいさってツイッターしてるのかな…?)」

検索する→ヒットする私のアカウント

ツイッターからブログに飛べる

兄、ブログやってたのかー…とブログのURLをクリック


…(^p^)

最初の説明ページを見た兄は、本能的に「これはいさに許可を取らないと見てはいけない内容かもしれない」と思いページを閉じたそうです

面白い先輩と出会ってひょんなことにその先輩が兄みたいな存在になったこと
兄と出会ってから起きたことが新しいことばっかりで面白かったこと
だからブログを立ち上げたこと
決して馬鹿にしていた訳ではなく、大好きだからこそブログに書いていたこと

私は兄に「うちの兄を紹介します」のブログのことを伝えました

見ても良い?と聞く兄に私は今は見ないで欲しい、一段落ついた時に見てほしい。もしも見るなら私にばれないようにこっそり見て欲しいということを伝えました

何故なら全部書き終わったら兄に胸を張ってブログを紹介できるように頑張っていきたいと思っているからです
こっそり兄とのエピソードを書いていたことで怒られるのではと思っていたのも大丈夫でした、頭わしゃわしゃされました、多分怒って…ないよね…?

ということで兄にブログのことが想像していたのと違う形で知られてしまいましたが、何も変えていくことはありません。兄がもしかして見てるかも…と思って遠慮することもないです。ガッツリ描きます^p^

兄に胸を張ってブログを紹介できるように
頑張ろっということで終わります

~終~

クリックすると兄が少し有名になります




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。