スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画描きますよっと4

もうすぐクリスマスですね
兄に何をあげようか悩んでいるいさが通ります
アドバイスとかございましたら是非是非

ってことで漫画更新しますよっと

utianicom4.jpg

クリックすると兄が少し有名になります



スポンサーサイト

スキャナが…

調子が悪くて今日更新する予定だったのですが出来そうにありません…
明日学校で原稿をデータ化してこようと企んでおります
…くそぅ(・ω・`

漫画描きますよっと3

今日はアメフトの試合を見に行きました
社会人チームのレベルの高い試合にドキドキしました
部活動の一環で行ったのですが兄は来ていませんでした
心配だなぁ(・ω・`

utianicom3.jpg

クリックすると兄が少し有名になります



漫画描きますよっと2

アメフトのシーズンが終わりました、寂しいなぁ…
アメフトの事も知って貰えるように部活でのこととかも漫画には含めて行きたいいさでした

utianicom2.jpg

クリックすると兄が少し有名になります



拍手返信

漫画の原稿を入れたファイルを学校のロッカーに置いてきてしまって涙目ないさです
なので今日は拍手返信をします!
次に学校に行くのは月曜日なので月曜日に漫画、更新できたら良いなぁ…

>tteさん
リア充だけど爆発しないよwありがとう^o^
だけど最近忙しくて兄とはなかなか会えない…!
忙しすぎてリアル終了、リア終かしら!

>冠さん
手ブロからいらっしゃいませ!
手ブロの企画記事手ブロのHOT記事になって急にブログの訪問者様の数が跳ね上がったのは良い思い出です、チキンすぎて心臓が止まるかと思ったのも良い思い出です^o^…
漫画も全力で更新頑張ろうと思っているので応援よろしくお願いします!
拍手ありがとうございます!

>森宮さん
「どこぞのドラマじゃ」
自分でも文字ブログを打ってて思いました
だけど不思議なことに本当の話なんですよね…自分でも不思議な感じです←

>黒那さん
兄自慢にニヤニヤされていた…だと…Σ
兄が大好きな気持ちが伝わっていたのでしょうか、嬉しいです^o^
これからも漫画を描いてもっと兄自慢、していきますよ!
拍手ありがとうございました!

最後に、いささんのうち兄以外のイラストを見てみたいという拍手を下さった方がいらっしゃったので急遽、少し昔の絵(オリジナル)を引っ張り出してきました!最近はスキャンできるサイズの絵をまともに描いていなかったので…申し訳ないです

isa01.jpg

ブログにアップしてから気付く…ちょっと歪んでる…

拍手返信は以上です!ありがとうございました!
ではでは、漫画はまた今度…^o^


クリックすると兄が少し有名になります


漫画描きますよっと

さて、文字ブログが終わったところで予告していた通り漫画描きますよ!
文字だと面白さが伝わらないなと思って書かなかったエピソードも描きたいです^^///

ある程度漫画が描けたら保管庫的なページでも作ろうかと思っております…!

漫画の形式はストーリー的な内容なら高い頭身でストーリー漫画形式に、エピソード的な内容なら文字ブログで描いていたようないつもの頭身で4コマ形式にと考えております

漫画になると果たして週1で更新できるのかなんて不安な所もありますが
これからもうち兄ブログ、よろしくお願いします!

頑張ろっ!

utianicom1.jpg



クリックすると兄が少し有名になります


うちの兄を紹介しました 終

二人のモヤモヤしていたもののふたを開けてみたら
兄妹だと思っていたのに兄妹だと思えなくなって
でも向こうは兄妹だと思っているからこの恋心は失恋だ
こんなこと考えていた二人がいました


「うちの兄を紹介しました 終」


兄「いさの事が好きだって気付いた時からさ、いさは『妹』だって自分に言い聞かせてた。そうじゃないとさ、僕のこと『兄』だって思っているいさに迷惑だって思ったから」
私「うん…」
兄「バイト先の女の人に告白された時もさ、僕が首を縦に振ったら喜んでくれる人がいるのならなんて言ったけど、今思ったらいさのことが好きだって気持ちから逃げたかっただけだったのかもね」
私「兄さん…」

抱きしめてくれている兄の暖かさ
泣きながら伝えてくれた兄の私への想い
兄が私のことを好きだという気持ちが強く伝わってきました

兄「いさ…」
私「なんか…うん…、嬉しい」

嬉しくなって兄の背中に手を回します
なんか小説とか漫画とか、そんな世界の展開みたいだと思ったらクスクスと笑ってしまいました
嬉しすぎて涙が出てきます
そこには泣いて抱き合う二人がいました

私「なんか、凄いね」
兄「…何が?」
私「私さ、兄さんと同じ考えだった」
兄「同じ?」
私「私も兄さんが私のこと『妹』だって思ってると思ってて、兄さんに迷惑かけないようにって自分の気持ちに嘘つこうとしてた」

私の言葉を聞いてきょとんとした様子の兄
最初の「怖い」なんて印象の兄はとっくの昔にいなくなりました
そして嬉しそうに笑う兄、それにつられるように笑う私

兄「いさ、目、つぶって」
私「…!…うん」

そっと目をつぶる私
私のほっぺに触れる兄、そして…







ゴツン

私「痛い!?」

絵に描いたようなロマンティックな展開はありません
兄に頭をゴツンとされました
痛がる私を嬉しそうに(?)見つめる兄、幸せそうな笑顔の兄

兄「馬鹿いさ」
私「馬鹿兄」
兄「好きすぎるわ」
私「…私も」
兄「じゃあ、兄妹、卒業な」
私「うん」

お互いを見つめあい、笑いあい、私たちは兄妹を卒業することになりました
これからは、兄妹ではない二人。二人一緒に歩いていこうと思います
これからもずっと、ずっと一緒に歩いていけたらなと思っております

兄「次に妹ができるなら幼女の妹が良いな」
私「馬鹿っ」

ということで、うちの兄を紹介しました
ありがとうございました
utianilast1.jpg

~終~


クリックすると兄が少し有名になります



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。